□■ご飯■□
かなり高齢であることと、好き嫌いが激しいことにとても悩んだ。でも、獣医に「ネコのような小動物は、同じ味にすぐ飽きるんですよ」と言われ納得。今ではウエットフードもドライフードも何種類か備蓄済みなのだ。病気後のネコなので、とにかく痩せすぎだから太らなくちゃならないのでカロリー多めの「成猫用」。「シニア」ではカロリーが少なすぎて太れないということに途中で気づく。だけど歳なので排泄力が足りないから「毛玉ケア」がベスト。なかなか難しい。
 今まで食べた物紹介
 ドライフード
 アイムス 毛玉ケア シニア  
直径6-7mmの丸くて平らになタイプ。最初のころは良く食べていたのでネットで安く3キロの袋を買ったりしていた。そのうち飽きてウェットに混ぜても食べてくれなくなった。今みたいにいろんな種類の合間にあげると思い出したように食べいてる。
 銀のスプーン  
今までのドライフードの中でウチのネコには爆発的人気!魚・肉・野菜それぞれの粒が混合されている。形は四葉のような形で直径6-7mmくらい。何よりヒットなのはかなり薄く平べったいということ。ネコが舌ですくい上げやすいらしく、見ているほうも気持ちいいくらいパクパク食べられる。飽きっぽいコに食べさせるには300gずつの3袋入りという美味しいうちの食べきりパックの魅力。
 ねこ元気 毛玉ケア
三角や足型(?)のようなのだったりいろんな形で、だいたい最大7-8mmくらい。中ほどが少し厚みがあるけどいろんな形なので舌ですくい取りやすいようだ。
 フリスキーグルメ シラス入り海鮮ミックス
これも食いつきが良い。何しろパッケージが少ない量の個包装で55gが5袋というウマイうちに食べきれるからいつでも新鮮なんだろう。ただ、ウチのネコの場合「しらす」がのどにひっかかって気になるらしく最後には必ず「しらす」だけが残った。

 サイエンスダイエット 猫 メンテナンス 

これは試供品の小さいパックをもらったので食べてみた。ん〜、形は円柱型でちょっと大きめ。人間が嗅いでもかなり香るのでネコの食いつきは良い。でも飽きも早かった気がする。