2002年後期
蓋物とか縁の丸めなどちょっと凝ったものにチャレンジした。まだまだ力の入れどころがわかってないのか、重かったりポッテリしたり。練習あるのみ・・・かな。それとガラスっぽい釉薬にハマった。貫入が入る冷め際のキンキンという音も好き。
01 442小鉢
小鉢/信楽白土/442釉・混合釉
お友達の誕生日プレゼントに。初めての口を丸くする型。電動ロクロにも少しずつ慣れ、新しいことにチャレンジすることができるようになってきた。

混合釉は日頃慕窯で余った釉薬でできている。だから、そのつど色は違う。今回は「織部」が多かったのか、美しいグラデーションが出た。
02 植木鉢
植木鉢/信楽白土/青こうち

初めてロクロで大きなものを作った。ちゃんと土を練ってあるとススーーッとうまく上がる。口はこれまた丸めてみた。青こうちが美しい貫入を見せた。
03 織部セット
皿・茶碗・湯のみセット/信楽白土/織部釉(口に透明釉)

姉への誕生日プレゼントにセットで食器を作った。なんだか厚ぼったくなり、そこ削りの際に紋様を描きつつ薄くしてしまった。
04 サンマ皿
母のリクエストにより秋刀魚皿。/信楽白土/442釉・混合釉

素敵に仕上がったのだが、失敗点がひとつ。名前印のところを透明釉でカバーするのを忘れてしまった。
05 重すぎるマグ
マグ/信楽白土/織部釉
これは余った土があったのでてびねりで作ったのだけど重すぎて誰も使わないだろう・・・
06 醤油さし
醤油さし/信楽白土/ガラストルコ釉

初めての口つきの器。私の技量ではイッパイイッパイの作品。先生に手を入れてもらわないで出来たことが少し自信につながったけど。ガラストルコ釉がイマイチいい色を出さなかったのが悔やまれる。
07 蓋鉢
蓋鉢/信楽白土/ガラストルコ釉/酸化焼成

蓋ものは蓋と本体が合わさるところに「ラテックス」を塗り、釉薬をかける。あとでペロリンとゴムのようにはがれるのだ。この作品も自分自身の手で出来た。自己満足の域を脱しないけど、人に助けてもらった作品はやっぱり胸をはれないから。それでも先生のお手本をかじりついて見てたたきこむのに必死。イメージトレーニングってけっこう大切。
08 たまねぎ花瓶
たまねぎ瓶/信楽白土/蕎麦釉/還元焼成
見ての通りたまねぎ型の花瓶。厚くなりすぎたから削ったらこうなったのでした。