2002年中期
便利な機械もあるもんだ・・・けど、私はイマイチ好きじゃないかも。
「利用する」くらいじゃないと、誰もが同じ作品になる。逆に言うと自分の個性をどれだけ出せるかだよね。上の絵のように、粘土を箱型の中に入れて上からポンプのようにギューって押す。そしたら下から「ところてん状態」でびろろろーんと粘土が筒型に出てくる。穴の形がさまざまなので、六角形や円などを作れるのです。
01 激重ビールコップ5個セット
赤土/一号べっ甲釉
本当はもっと素朴なビアマグのはずだったのにぃ。
なんだか分厚いし貫禄ありすぎナノダ。
02 黒化粧土皿
赤土/黒化粧土に透明釉
なんか、黒化粧土ははじめて使ってみたんだけど、「何気なく」という表現はとても難しいということに気づいた。考えすぎて塗るとちょっとクドイ。
03 緑小鉢5個
赤土/中・乳白釉/外・織部釉/口周りに透明釉/酸化焼成

小鉢、ということで作ってみた。5個セット。中の乳白をつけた後、織部をドブ付け。その取り出すとき「バフッ」と空気が入り、内側に緑がダランとついてしまう。好き好きだけど、まっすぐ付けたいなぁ。それと、透明釉薬を流すために口に付けたけど、ボタっと重くなってしまった。小鉢だからOKだけどね。
04 ボタン箸立て
信楽白土/透明釉
箸立てなのです。板で作ると意外にも手間が掛かりました。7ミリくらいかな。で、中に希望の大きさに丸めた新聞紙を入れて、底とともにドベづけ。で、ただの筒じゃなんだか変。ボタンをつけてみました。なんとなく他のものと一緒だと変なんだけど、一体になると以外に素朴で可愛かった。重いけど・・・。
信楽白土
織部釉で下絵・乳白釉/酸化焼成
一輪挿し、というリクエストで創りました。実際大きさや色などはまぁヨシなんですけど、失敗は厚い、ということは重いのです。
06 丸々小物入れ
赤土/焼き締め/還元焼成
また作っちゃった。見てのとおり小物入れです。たまにこの球体を作りたくなるのですな(小さいのを出産祝いとともにお友達へ・・・)
07 茶托と湯呑
湯呑(茶托つき)信楽白土/織部釉で下絵・乳白釉/酸化焼成
なんかいびつでカタカタいいます。ある場所でぴたっと落ち着く場所があるんだけど使い勝手は良くないです。
08 青磁皿
赤土/酸化青磁釉/酸化焼成
お友達の結婚祝いのために作りました。その子のスッとしたイメージ、でもあったかそうな雰囲気を作りたかった。思った以上にこの酸化青磁はまったりとした印象になってしまったけどイイジャン、って感じです。
09 六角筒花入れ
赤土/混合釉
筒を折り曲げて作った花器です。筒は機械です。あまり思い入れが無いのでした。
10 円筒花入れ
黒土+白土/混合釉に442をダラっと


これも機械の筒作りで穴を開け一応水受けは作ったので「花器」ということになります。難点は、黒土なのに中の水受けを白土で作ってしまったということ。ちょっと変です。
小物入れに使ったヒモは・・・
*メモ*
左の小物入れに欠かせないのが「持ち手」。西武LOFTでカラフルな麻紐を見つけました。自然素材がやっぱり似合うんじゃないかな・・・と。