トップ > 旅行 > シンガポールの旅トップ > part 1  > part 2  >  part 3
8時ちょい前に1階のカフェで朝食を食べに降りた。いやぁ、ヨーロッパと違って東南アジアはこれが楽しみだよね。オムレツを作ってくれたりご飯・麺・おかゆ・ウインナーにベーコン、そして果物!一日目からものすごい食欲っぷりでたくさん食べちゃった。

すっかりお腹いっぱいになって部屋に戻る。明るくなった外を見ると…窓ガラスが汚い…。曇っちゃってて写真もイマイチ撮れなかったけど、こんな風景が目の前には広がっていた。たぶんオールソンホテルの一部のプール。部屋は海のほうを向いているので、目の前のガラス張りの高層ビルの左側にラッフルズホテルの赤い屋根が見えた。歩いても近そうだなぁ。そしてその向こうにはパンパシフィックホテルがけむっている。(窓のヨゴレで)
10:00AM。みなさん集合している。いろんな人たちがいた。たぶん年齢はワタシが一番下のようだ。市内観光に出発。

まずはシンガポール植物園へ。
ここには52ヘクタール(ってどんなだ?)の広さの中にいろいろな蘭をはじめとした植物が見られる。


帽子・日傘は必須だわ。ギラギラと照りつける太陽に歩いて見て廻る気持ちもそがれちゃうから。わたしはスコール対策で持っていた傘がベージュだったので日傘の変わりに使ったんだけど・・・それでも汗がダクダク…。
そんな中で救われたのが下の写真右から2つ目の温室。ここは自動スプリンクラーで霧を発生させたり湿度がものすごく高くて、気温が少し和らぐのだ。も〜ずっとココで立ち止まっていたかった!
この見学は約40〜50分。見学のゴール地点(出口)には当然お土産物店が。ちょい高め。
さーて、こういうパック旅行にはつき物のショッピングです。イヤでも連れて行かれるので、買わないという強い意志を持って涼みに入ろう(^^
まずは宝石店。市価より安いというけれどね、興味が無いので見なかった。オバサマ団はものすごい買いっぷりで…。主婦ってお金もちなんだなぁ〜。


そしてお次がCOMAXという健康食品の会社。オーストラリア本社で便秘のクスリやら美肌のパールクリームなどを売ってた。店の入り口には「日本人観光客オンリー」「見たい人はアポイントを」って英語で札が。
なんか怪しすぎる・・・と思いつつ入ると、まずは団体のまま小部屋に通される。商品説明を日本人の男性がする。ふふふ。話に聞き入るのはやはりあのオバサマ団。さては、はまったな?
確かに紹介しているのは便秘の人向けのサプリメントだったり、お肌のハリを呼ぶパールクリームだったり。商品はいいものなのかもしれない(そうでも言っておかないと…やっぱり怪しすぎる)。でもね、幸いワタシは便通もバリバリ快調だし、肌にもさほど困っていないので買う気はゼロさ。だから見ていただけ。だからかえって立ちっぱなしだったので、うまいこと虜になっちゃった方々の買い物を待つのが辛かったわさ。
帰国してからいろいろ調べてみるものの、会社の実体が見えてこないので、サプリやクリームの効果はどうであれ、わたしにとっては「やっぱり買わなくて良かった」という感想だった。
場所は川沿いの素敵な地域のビルの一階。この店の周囲には日本食の店がたくさんあったなぁ。日本人街…?

さぁ、12:30頃になってようやくお昼ご飯をたべにいった。今日は飲茶料理。といってもワゴンでいろいろ食べ放題、とかではなくて何皿かセイロもいくつか出てきて普通に「中華料理」ってかんじかな。お茶はもちろんおかわり自由だけどね。大根餅、えびしゅうまい、中華まんなどでまぁ満たされました。
さて、満腹になったしお次はマウントフェーバーだ。なんだか雲行きが怪しいぞ〜。スコールくるか?

トップ > 旅行 > シンガポールの旅トップ > part 1  > part 2  >  part 3